乳幼児に多い「RSウイルス感染症」流行の兆し

  • 2012.11.10 Saturday
  • 14:45
JUGEMテーマ:子供の病気


 

乳幼児に多い「RSウイルス感染症」の
患者が急激に増え、過去最多になっている。


毎年冬に流行がみられるが、
今年は夏場から患者数が増え始め、秋に急増し た。


風邪に似た症状で、多くは軽くすむが、
生後6カ月未満の乳児などは重症化しやすく、
重い肺炎や気管支炎を起こすこともある。


せきが続くなど「子供の様 子がいつもと違う」
と思ったら早めに医療機関を受診してほしい。


原因となるRSウイルスはとても感染力が強く、
2歳までにほぼすべての子供がRSウイルス感染症にかかる。
発熱やのどのいたみ、せき、鼻水など、風邪とよく似た症状が出る。


特別な治療法はなく、予防用のワクチンも今のところない。
大人を含めて誰もが何度もかかるありふれた病気で
小学生以上の場合は軽い症状で1週間ほどで回復することが多い。
慌てずにかかりつけ医に相談することが大切だ。



ただ、乳幼児では重症化することもある。
「特に6カ月未満で感染したら注意が必要だ」
と安井主任研究官は訴える。


肺の機能が十分発達しておらず、抵抗力も弱いためだ。
肺の奥の細い気管が炎症を起こす細気管支炎や肺炎に至るという。



乳幼児の肺炎の約半数、気管支炎の5〜9割は
RSウイルスが原因だとみられている。
感染者の1〜2%にあたる2万人程度が
毎年入院すると考えられており、
子供の感染症の中ではロタウイルスと並んで入院患者が多い。


外出先から帰った家族は必ず手洗いをし
咳が出る場合はマスクを着用するのが得策。

参照: http://www.nikkei.com/article/DGXDZO48203080Y2A101C1EL1P01/

有害微粒子99.94%除去 高性能空気清浄機「イオンフロー50」



例年より一ヶ月も早くインフルエンザ流行!?




PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

* * * * * * *


* * * * * * *
キサラタン点眼液

* 相互リンク *

ポイントでお買い物⇒楽天

寝転ぶだけで
腰スッキリ♪

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM